devlog [naru design]

プログラミングやテクニカルな内容の覚え書き。

オブジェクトを回転、スケールする際に基準となる点(Pivotポイント)を3Dカーソルを使って変更する方法。

起動時に表示されるキューブのPivotポイントは、キューブの中心に設定されている。
これをキューブの頂点へ変更してみる。

操作手順

1. 3D Viewでキューブを選択(マウス右クリック)する。

スクリーンショット 2014-02-02 1.34.40

2. tabキーを押しエディットモードへ変更する。

スクリーンショット 2014-02-02 1.40.39

3. Pivotポイントとしたい頂点を選択(頂点をマウス右クリック)する。

スクリーンショット 2014-02-02 1.41.13

4. 選択した頂点へ3Dカーソルを移動する(Shift+S)。

スクリーンショット 2014-02-02 1.42.43 スクリーンショット 2014-02-02 1.43.39

5. tabキーを押してエディットモードを抜ける。

スクリーンショット 2014-02-02 1.45.07

6. Object ToolsのOriginをクリックして”Origin to 3D Cursor”を選択する。

スクリーンショット 2014-02-02 1.46.27

7. Pivotポイントが先ほど選択した頂点の位置へ変更される。

スクリーンショット 2014-02-02 1.48.43

3Dカーソルの位置設定(上記手順1〜5)は、マウス左クリックやPropertyパネルで数値を入力することでも行えます。厳密な座標設定が不要であればマウス左クリックのみ、あるいは大体の位置をマウスで設定しておいて、Propertyパネルで数値を調整してもいいかもしれません。

Pocket

コメントを残す

Trackback URL: