devlog [naru design]

プログラミングやテクニカルな内容の覚え書き。

Lightwave/Modeler用のスクリプトです。

レイヤー名に指定した文字列が含まれている(含まれていない)レイヤーをフォアグランドレイヤーとして選択します。対象外のレイヤーをバックグランドレイヤーとして選択することも出来ます。

使い方

sellayersbyname120

スクリプトを実行して、対象とする文字列を指定します。大文字小文字が区別されますので注意してください。

containをオンにすると、指定した文字列が含まれるレイヤー名のレイヤーが、フォアグランドレイヤーとして選択されます。オフにすると、指定した文字列が含まれていないレイヤー名のレイヤーがフォアグランドレイヤーとして選択されます。

select background layerをオンにすると、フォアグランドレイヤーとして選択したレイヤー以外が、バックグランドレイヤーとして選択されます。

操作動画

※rev.1.00時のものです

ファイル

DOWNLOAD : SK_SelLayerName_rev1.20 ※SK_SelLayerNameとして登録されます。

動作確認環境:Lightwave2015.2J (Windows7-64bit)
本スクリプトを使用して発生するいかなる問題も責任は負いかねます。ご自身の責任のもとで使用してください。

更新履歴

rev1.20 (2015/09/11)
追加機能:レイヤー名に文字列が”含まれる/含まれない”を選択できるようにした

Pocket

コメントを残す

Trackback URL: