devlog [naru design]

プログラミングやテクニカルな内容の覚え書き。

※Lightwaveモデラー用のLScriptです。

現在フォアグランドレイヤーとバックグランドレイヤーに選択されているレイヤーの内容をレイヤー名と共に入れ替えます。

一時的なレイヤーを作成しつつデータ編集を進めていると、最終的に必要なデータが入ったレイヤーが、あちこちに散らばってしまいます。不要なレイヤーを削除してゆき、レイヤー間を詰めていくのもいいですが、ポリゴン数が多いとレイヤーの削除は意外と時間のかかる重い処理です。そんな時には、このスクリプトを使って必要なレイヤーを上の方に集めてファイルを保存し、開き直せば必要なレイヤーのみが含まれたファイルになります。

フォアグランドレイヤーとバックグランドレイヤーをそれぞれ1つずつ選択した状態で、スクリプトを実行してください。

設定項目

なし

不具合リスト

2012.05.28 発覚

・非表示のポリゴンが移動されずに元のレイヤーに取り残されてしまう。
隠れているポリゴンをすべて表示したのち、本プラグインの処理を実行するように変更しました。

ファイル

SK_SwapLayerWN rev.1.01 (zip, 5KB)

動作確認環境 : Lightwave11 (64bit, Windows7)
本スクリプトを使用して発生するいかなる問題も責任は負いかねます。ご自身の責任のもとで使用してください。

操作動画

Pocket

“LScript:レイヤー名と共にレイヤーの中身を入れ替える” への1件のコメント

  1. naru design より:

    不具合発覚:
    複数オブジェクトを開いている時に使用すると、レイヤー名が他のオブジェクトのものが設定されてしまう。

コメントを残す

Trackback URL: