devlog [naru design]

プログラミングやテクニカルな内容の覚え書き。

NGUIはバージョンアップが早く、機能改善やバグフィックスも頻繁に行われてます。ただ、プロジェクト仕掛中にNGUIバージョンを上げて挙動が変わってしまうのは問題です。色々な都合で旧バージョンを使い続けないといけないけど、思ったように動いてくれないのも困ります。

苦肉の策で思ったように動かない時はソースに手を入れてます。NGUIのどのバージョンで、どんな問題にぶつかって、どう対処したか、メモを残しておきます。

都度追加していきます。

ボタンのisEnabledを設定するとTweenアニメのDurationが0.15秒になる

NGUI 3.0.7 f3

UIButtonのTransitionを0 secondsに設定しているにも拘わらず、isEnabledをtrue/falseに設定すると、TweenColorのアニメーションがduration 0.15 secondsで実行されてしまう。

プロパティisEnabledのsetからUpdateColor()を呼び出してました。

UpdateColor()の中で設定しているTweenColor.Begin()のdurationが何故か0.15fと固定値になってたので、これをUIButtonColorのプロパティdurationに置き換えました。これで、UIButtonコンポーネントのTransitionに設定した値が使われるようになりました。Hover, PressedへのTweenと同じ時間になります。

(2014/5/7)

Pocket

コメントを残す

Trackback URL: