devlog [naru design]

プログラミングやテクニカルな内容の覚え書き。

Time.timeScaleの値を設定することで再生の速度を変えることができます。

Update(), LateUpdate(), FixedUpdate()のそれぞれについてtimeScaleの影響を確認してみました。

ボタン制御用スクリプト

Update() deltaTime使用せず

Update() deltaTime使用

LateUpdate()

FixedUpdate()

実行結果

deltaTimeを使用しないと、Update()内の動作は影響されません(LateUpdate()も同様でした)。

フレームレートが50fpsに固定されているFixedUpdate()ではtimeScaleの影響を直接受けることができるが、フレームレートが固定されていないUpdate()とLateUpdate()では、deltaTimeの値を使わないと、timeScaleの影響を受けることが出来ないようです。

参考

Unity3D MonoBehaviour Lifecycle:

http://www.richardfine.co.uk/2012/10/unity3d-monobehaviour-lifecycle/

Pocket

コメントを残す

Trackback URL: