CG & Web Design and Programming

今日現在、我が家には、ほぼ現役で使えるPCが4台あります。

液晶モニタやキーボードを切り替えつつ使っているんだけど、意外とキーボードの切り替えとかモニタの切り替えって面倒なんですよね。それぞれにキーボードとモニタを繋ぎっぱなしに出来るほどスペースも無いし。

そこで、リモートデスクトップを使おうとしたんだけど、Windows7のリモート機能は使えない!という現実に直面。我が家のWindows7は全てHomePremiumなんです・・・。

リモート機能が使えないのは、MicrosoftがWindows7の各エディションに、無理やり違いやプレミアム感をもたせようとした結果です。残念ですが仕方がないです。

そうとなったら、Windows7のリモート機能以外でリモート機能を実現する方法を見つけるしかありません。
理想は、フリーソフトだけど、果たして見つかるか?!

# 立派なソフトを提供して下さっている世の中の開発者の皆様には、いつも感謝しております

数年前、職場のPCで使っていたのは確かVNCというソフトでした。

とりあえず、Googleで「リモートデスクトップ」「フリーソフト」などのキーワードで検索。できれば国産がいいなぁと思い、たどり着いたのが「TrueRemote」というソフト。

使い方は、サーバー側(操作、覗き見される側)とクライアント側(操作、覗き見する側)で同じソフトをそれぞれサーバーモード、クライアントモードで起動すれば良いだけ。自宅内のLANで使用するだけなら、IPアドレスの設定だけで大丈夫そうです。

すんなり動きました。サーバー側はサービスとして起動できるので、一度サービスとして動くように指定すれば、次からは電源を入れるだけで動きます。クライアント側からログイン画面も操作できます。これでサブのタワーPCには液晶モニタは不要になりました。快適です。

しばらく電源も入れず眠ったままだったサブPCが、みごとに息を吹き返しました。3DCG画像のレンダリングPCとして動くように設定しようと思います。これで「仕事量2倍!」だったら良いんだけどね・・・。


コメントは受け付けていません。