CG & Web Design and Programming

Lightwave11日本語正式版が本日発売されました。

このソフトは3D制作用のソフトです。初めて手にしたのは1997年頃。それから約15年もの間、新しいバージョンが出る度にバージョンアップして使い続けています。使用年月は長いんだけど、未だに大した作品も残せていませんが^^;

自分はプレリリース版を購入していたので、専用サイトから正式版のファイルをダウンロード。データも含めて2GBちょっとだけど、サーバーが空いているのか、あっという間にダウンロード終了。さすが光回線!

作業を中断して、早速インストール。

いつもは、古いバージョンをアンインストールせずに新しいバージョンをインストールすることができたんだけど、今回はエラーが表示されて、ダメでした。プレリリース版を事前にアンインストールしておく必要があるようです(自分調べ)。

プレリリース版と比べて何処が変わったのかは、よく分からないです。英語版のサービスパック1は盛り込まれているとは思うんだけど。

今回のバージョンアップでは、

Bullet : ハードダイナミックス

Flocking : 群衆
http://www.youtube.com/watch?v=OpI5MrqVmDA&feature=share&list=UUq64Ty9jBBTMMcVAIIp_Y3w

を始めとする、楽しそうな機能がいくつか追加になってます。残念ながら、まだしっかり触れていないです。

あと、Pythonが本バージョンからサポートされました。LScript以上、プラグイン相当?のことが出来るようなことを聞いたので、楽しみにしていたんだけど・・・。残念ながらドキュメントフォルダの中には、実際にスクリプトを組む際の解説らしきものは含まれていませんでした。別の所にドキュメントがあるのかな?

最近、自分の作業を軽くするためにLScriptを再び作り始めました。本当はプラグインがよかったんだけど、コンパイルする環境が無いので、テキストエディタさえあれば作ることの出来るLScriptにしました。随分前ですが、プラグインやスクリプトを作っていたので抵抗はないけど、感覚を思い出すのが大変。作ったスクリプトはiPhoneアプリの開発メモなども合わせて、別館(Bloggerサイト)で公開していこうと思っています。

関連ページ

narudesign – devlog : Lightwave
http://narudesign.com/devlog/category/lightwave/


コメントは受け付けていません。